爆笑!ああ、体育会の青春 先輩から人生の「理不尽」を学んだ日々

明大ラグビー部・PL学園野球部ほか
週刊現代 プロフィール

 個人主義が罷り通るこの時代、周囲を明るくし、細かい気配りを〝条件反射〟でこなす体育会系は、世間でもかわいがられるのだ。

 前出の松尾氏も、自分が一人前の社会人になれたのは、体育会という環境のおかげだと熱っぽく語る。

「『気絶してしまった方が楽』といわれた目黒高校のしごきに耐えて、自信や度胸がついた。そしてそれ以上に、上の人たちの教えてくれることを素直に聞ける人間に育った。それが良かったんだと思います。

 会社でも『ふざけんな、俺は全日本の松尾だ』なんて思ってたら終わってましたよ。『ラグビー以外全然知らない。教えてください』と言えたから周りに好かれた。そうして教わりながら人は成長していくんです」

 苦しい日々で強くなるのは、肉体だけではない。辛かったはずの体育会の思い出話をする人が、どこかすがすがしい表情なのは、そのせいかもしれない。

「週刊現代」2012年2月4日号より

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/