2011.12.28(Wed) 本郷 明美

「日本人は何を食べてきたか」第5回 森鴎外
「あんこ茶漬け」が好物のスイーツ文豪

筆者プロフィール&コラム概要

 和室に茣蓙(ござ)をしきあぐらをかき、真鍮のタライにお湯をためて体を拭き、ひげをそっていたという。「すべて秩序整然」(息子の於莵)、「茶の湯のよう」(妻)だったという。かっこいい。

 洋食屋に行くとマヨネーズは食べず、子供たちにも食べさせなかった。「どろどろした物ほど人の手を多く経ているから、それだけ不潔だ」という持論だったのだ。

 明治の文豪には、愛情深く子煩悩な一面があった。そんな鴎外が子どもたちのために唯一作る料理が、「玉子をどろどろに柔らかく煮」たもの。お弁当のおかずに作ってもらったと、杏奴は書いている。弁当箱から流れでてしまうほどだったというから、かなりの「どろどろ度」。鴎外先生に聞いてみたい! これ、半熟だとしたら衛生上いいんでしょうか。そんなにどろどろでお弁当のおかずとしてどうなんでしょう。それに、「酒臭いときがあった」と杏奴。鴎外先生、子供にアルコール、いいんでしったけ?

 問うたら、鴎外は論じてくれたか。困ったろうか。眉をちょっとへの字にした、文豪の困った顔を見たかった気がする。ま、鴎外先生、アンパンでもおひとつ!

参考図書
森於莵『父親としての森鴎外』(筑摩書房)
森茉莉『父の帽子』(講談社)
小堀杏奴『晩年の父』(岩波書店)
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

賢者の知恵

週刊現代、セオリーより、マネー、生活関連の特集記事をお届けします。