2011.12.28(Wed) 本郷 明美

「日本人は何を食べてきたか」第5回 森鴎外
「あんこ茶漬け」が好物のスイーツ文豪

筆者プロフィール&コラム概要

 あるいは、あんこだけを御飯になすりつけるようにして、煎茶をかけて食べたという。

 あんことごはん、まあオハギを考えればなくはないのだが、お茶漬けとは大胆な! しかし、「小豆を甘く煮てそれと同じようにするのはちょっとおいしかった」と、娘杏奴は書いている。みなさんよろしかったらお試しを。

 あんこ茶漬けに限らず、鴎外先生、実はたいへんな甘党だった。

 相撲界では、「スイーツ親方」なんて方がいますが、今風にいえば「スイーツ文豪」ってなところでしょうか。

 次なる好物は「木村屋のアンパン」。ただ、いつも混んでいて「店の者が威張っている」、とセンセイよく憤慨していたという。

 家族でよく出かける目黒の植物園には、いきつけの茶店があった。鴎外は、そこで出るアンパンがことのほか好きだ。ある日、店のおかみさんに鴎外が言った。

「お前のところのアンパンは特別うまい」

 するとおかみさん、
「はい、毎日木村屋から仕入れております」

 これには鴎外も大笑い。

 果物では、煮て砂糖をかけたものが好きだった。水密桃、杏、梅などが鴎外の食卓には欠かせなかった。それにしても生ではなく、なぜ煮たもの?

 そこには鴎外の医師としての一面があった。

 ドイツで細菌学を学んだ鴎外。衛生面にはひじょ~に気を使った。生ものの怖さを、知り尽くしていた。衛生状態のよくない当時だから、ことさらである。

 まず、風呂には入らない。もともとは大衆浴場が不潔だと言って入らなかったのだが、自宅に風呂をもうけた後も、一切入らなかったという。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

賢者の知恵

週刊現代、セオリーより、マネー、生活関連の特集記事をお届けします。