『一般意志2.0ルソー、フロイト、グーグル』刊行記念対談
東浩紀×佐々木俊尚『ツイッター、ニコニコ動画、民主主義』を本日午後7時からライブ中継

東浩紀さん(右)と佐々木俊尚さん(左)

『一般意志2.0ルソー、フロイト、グーグル』刊行記念対談
東浩紀×佐々木俊尚『ツイッター、ニコニコ動画、民主主義』を
本日午後7時からライブ中継

 『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル』(講談社)発売を記念して開催される東浩紀さんと佐々木俊尚さんとのトークイベントを、現代ビジネスが中継します。

 昨今の日本の政治を見るまでもなく、賞味期限が切れかかっているようにみえる近代民主主義。情報技術によって民主主義の組み替えは可能か? 人の意識、社会はどのように変わるのか? 話題の新刊『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル』を中心に、東浩紀さんとITジャーナリストの佐々木俊尚さんが縦横に語り合います!

中継日時: 12月19日(月曜日)19時00分開始予定
都合により開始が遅れる場合もあります。

URL http://www.ustream.tv/channel/gendai-biz

公式twitterは@gendai_biz。ハッシュタグは#gendaitvです。
ご意見、ご質問をお寄せください。

【プロフィール】
東浩紀(あずま・ひろき)
1971年東京生まれ。哲学者・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。東京工業大学世界文明センター特任教授。早稲田大学文化構想学部教授。2010年に合同会社コンテクチュアズを立ち上げ、現在同社代表。同社発行の『思想地図 β』編集長。『存在論的、郵便的』(新潮社)で第21回サントリー学芸賞受賞。『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社)で第23回三島由紀夫賞受賞。他の単著に『郵便的不安たち』(朝日新聞社)、『動物化するポストモダン』『ゲーム的リアリズムの誕生』(以上、講談社現代新書)、共著に『自由を考える』『東京から考える』(以上、NHKブックス)などがある。
佐々木俊尚(ささき・としなお)
1961年兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科中退。毎日新聞記者、月刊アスキー編集部を経てフリージャーナリスト。主にIT分野を中心に取材を続けている。著書に『電子書籍の衝撃』(ディスカバー・トゥエンティワン)、『2011年 新聞・テレビ消滅』(文春新書)、『決闘 ネット「光の道」革命2』(孫正義との共著、文集新書)、『キュレーションの時代』(ちくま新書)など多数。

著者:東 浩紀
『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル』
(講談社刊、税込み1,890 円)
発売中

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。