2011.12.16(Fri) 株式会社 ブランド総合研究所

ひろしま菓子博開幕まで500日 記念行事でPR

筆者プロフィール&コラム概要

 2013年4月19日(金)~5月12日(日)の24日間に広島市で開かれる「第26回全国菓子大博覧会」(ひろしま菓子博2013)開幕まで500日となった12月6日、南区のJR広島駅前で記念行事が行われ、関係者が出席し買い物客らに同大会のPRを行った。

 「全国菓子大博覧会」は、お菓子の祭典としてほぼ4年に一度開催されているもので、日本全国の菓子製造業者が自慢の商品を持って集まる日本最大の菓子業界の展示会。品評会も合わせて行われている。前回の第25回大会は姫路市で開催され、開催期間中(2008年4/18~5/11)に延べ922,000人もの来場者が訪れた。

 ひろしま菓子博は旧広島市民球場跡地と、広島県立総合体育館とその周辺で開かれ、会期中の総来場者数は80万人、総事業費は16億円で、延べ約150億円の経済効果を見込んでいる。なお、広島での開催は、現在の原爆ドームが会場になった1921年以来92年ぶりとなる。

 この日は、ひろしま菓子博のキャラクター「かしなりくん」と「スイーツ姫」もお披露目された。

開催日時:平成25年(2013)4月19日(金)~5月12日(日)
開催場所:旧広島市民球場跡地他
関連HP :ひろしま菓子博2013(第26回全国菓子博覧会・広島)

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。