400万ドルの投資を受けたママのためのヘルシーコマースサイト「ecomom」が深かった

 ecomomというコマースサイトがシリーズA ($4M) の投資を受けたというのでチェックしてみました。投資家の中には、500 Startupsやザッポスで有名なTony Hsiehも名を連ねます。

 ecomomは、「エコ」に興味関心を持つ健康志向の高い主婦層を中心に子どもや家族をターゲットにした、ヘルシーグッズを取り扱うサイトです。2008年に創業したサービスですが、たった7人の従業員で運営されているというから驚きです。サイト自体にそれほど新しさを感じなかったのですが、よくよく見てみると普通のコマースだけをやっているわけではなく、何やら学べるところが多かったのでご紹介します。

Daily Deal

 一番初めにecomom.comへ訪れたときに表示されるポップがこれ。GROUPONのお陰で説明する必要もないDailyDealですが、ecomomも時間・数量限定で販売します。ecomomの面白いところは、一日1アイテム紹介するという点。自己解釈ですが、「一日、一品、喉から手が出る値段で。」というタグラインが面白いです。あくまで補足的に、DailyDealだけに絞らない点が上手いと思いました。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら