2011.12.10(Sat) 株式会社 ブランド総合研究所

伊豆大島で初のグルメ選手権

筆者プロフィール&コラム概要

 東京都大島町(伊豆大島)で23日、「第1回C級グルメ選手権」が開催された。本選手権ではC級グルメを、新しいメニューに挑戦する「Challange(チャレンジ)」、田舎らしい「Country(カントリー)」、人と楽しむ「Communication(コミュニケーション)」の3つの「C(シー)」に加え、伊豆大島の「Sea(シー)」(海のもの)を合わせた"シー"級グルメと定義。島内からC級グルメを募集した。

 伊豆大島C級グルメ選手権実行委員会が主催した本選手権では、島内の食材を利用した16のメニューが登場。いずれも1品100円から200円で販売され、伊豆大島特産の明日葉を使った肉巻おにぎりや椿油を使ったラスクなど、伊豆大島ならではの商品が集まった。

 会場となった大島町役場横の多目的広場では、10時半のスタートとともに、C級グルメを食べ比べた来場者がお気に入りのC級グルメを1つ選び、投票を行った。

 記念すべき「第1回C級グルメ選手権」で優勝に輝いたのは、島寿司セット(紀洋丸)で、地元でとれた魚介類を使ったべっこう寿司・なめろう寿司・青唐みそ巻のセット。2位は小麦以外は大島産を使用したアイランドチュロス(岡田青年団)、3位は島唐と椿油を使った溶岩おにぎり(泉津くらぶ)が続いた。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。