2011.04.28(Thu)

今こそ考える!なぜ日本は食料輸入大国になったのか Vol.2

生きるためにいちばん大切な「食」の話

筆者プロフィール&コラム概要

 まずパン食が普及し、小麦の消費量が増大した(パン食の普及のさきがけは終戦直後の学校給食。戦後、日本を占領していたアメリカが、日本がアメリカの小麦を輸入するように、まず子供からパンに慣れ親しませる狙いがあったともいわれている)。

 国民一人あたりの小麦の消費量は、一九六〇年に年間二五・八キログラムだったものが、二〇〇七年には三二・三キログラムと一・二五倍になっている。

 ちなみに、小麦の消費が増えだした一九六〇年代に、「コメを食べるとバカになる」というような風評が流れた。

 その理由は、小麦をパンにして食べるまでは手間がかかるので頭を使うけれど、コメは炊けばそのまま食べられるからあまり頭を使わないというものだ。いまでは考えられないことだけど、当時はまことしやかに信じられていたらしい。

 そして肉の消費も増加していく。一九六〇年の一人あたり年間消費量は、牛肉が一・一キログラム、豚肉も一・一キログラム、鶏肉が〇・八キログラムだったのが、以後右肩上がりで増大し、二〇〇七年は、それぞれ五・七キログラム、一一・六キログラム、一〇・八キログラムになっているんだ。

 実際に僕の家(特に裕福でも貧乏でもない平均的な家庭だったと思う)でも、小学校高学年のころ、つまり一九六〇年すぎから、食卓にとんカツやメンチカツ、牛肉のカレーライス、すきやきなどの肉料理が登場するようになって、それ以後、登場する回数が少しずつ増えていった。

以降 vol.3 へ。

柴田明夫
1951年、栃木県生まれ。東京大学農学部卒業後、丸紅に入社。2006年より丸紅経済研究所所長。産業政策、国際商品市況分析のエキスパートとして知られる。著書に、『食糧争奪』(日本経済新聞出版社)『水戦争』『飢餓国家ニッポン』(いずれも角川SSコミュニケーションズ)など

このコラムは柴田さんの著書『生きるためにいちばん大切な「食」の話』から抜粋し、掲載しています。


『生きるためにいちばん大切な「食」の話


柴田明夫著
講談社刊
800円(税別)

⇒amazonはこちらをご覧ください。






この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

経済の死角

週刊現代、FRIDAYが特集した経済、企業に関する話題記事を厳選公開。