2011.12.01(Thu) 株式会社 ブランド総合研究所

卵かけご飯を使った新たなご当地グルメ/石川県白山市

筆者プロフィール&コラム概要

 石川県白山市鶴来でご当地グルメ「つるぎTKGY(卵かけご飯焼き)」が話題となっている。

 卵かけご飯(TKG、Tamago Kake Gohan)は2009年、島根県雲南市吉田町の卵かけご飯専用醤油「おたまはん」の爆発的ヒットをきっかけに食品各社から「卵かけご飯専用醤油」や「卵かけご飯用ふりかけ」などの関連商品が発売され、大きな話題となった。

 飲食店業界でも、飲んだ後の締めに卵かけご飯を提供する店舗が増えたほか、卵かけご飯専門店が出来るなど、「TKG(卵かけごはん)ブーム」として各メディア等にも取り上げられた。

 そのような中、鶴来商工会青年部が2010年10月に開発したのが「つるぎTKGY(卵かけごはん焼)」。「つるぎTKGY」は、地元産のお米を使い、鶴来産の醤油やだしで卵かけご飯をつくり、それを外はかりっと、中はふんわり焼き上げることがルールになっているご当地グルメ。

 そのご当地グルメが、市民の食として徐々に定着しはじめており、ルールに沿った「つるぎTKGY」は現在、市内の計12店舗で提供されている。各店舗で提供されている「つるぎTKGY」は、"お好み焼き風""天津飯風""カレー風味""明太子風味""キムチ味"など味のレパートリーは多彩だ。

 鶴来商工会では、B級グルメの祭典「B-1グランプリ」への出展を目指し、つるぎTKGY戦略室を立ち上げ、マップの作成など「つるぎTKGY」の発展に取り組んでいる。「つるぎTKGY(卵かけご飯焼き)」の詳細は以下のページまで。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。