2011.11.29(Tue) 株式会社 ブランド総合研究所

「世界一長いバーベキュー」石垣島で100m超えの世界記録!

筆者プロフィール&コラム概要

 11月27日、石垣市で「石垣牛大バーベキュー大会」が開催され、石垣牛の串焼きバーベキューが長さ107.6メートルでギネス世界記録に認定された。開催場所は2年後に開港する新石垣空港の建設予定地。1万5千人がバーベキュー大会に来場し、世界記録達成の瞬間を見届けた。

 この挑戦は、9月に立ち上がった「ギネス・ワールド・レコーズ地域活性化委員会」にとっても初めての大きなイベント。石垣牛の魅力と新空港の開港をアピールしたいという石垣市では、当初「世界最大のバーベキュー大会」への挑戦を希望していたが、用意できる石垣牛の量に限界があり断念。PR効果を損ねず、多くの人に参加してもらえる挑戦を地域活性化委員会との間で協議した結果、「世界一長い串焼きバーベキュー」に決定した。

 串焼きの長さは、空港開港予定日の「平成25年3月7日」にちなみ25.37メートルを目標としていた。しかし、大会3日前になって、それをはるかに超える97.5メートルという記録がレバノンで更新されていることが判明。急遽、100メートル超えを目標に変更した。

 当日は小雨がぱらつく中、予想以上に時間がかかって炭の火が消えたり、金属の串が途中で折れてしまったりというハプニングの連続だったが、何としてもギネス世界記録を更新したい! という参加者の思いがひとつに。大変な盛り上がりのうちに、無事に107.6メートルのバーベキューを焼き終えた。

 開始から実に6時間近くを費やし、焼いた肉を全員で食べきったところで記録達成。ギネス・ワールド・レコーズ社日本支社長のフランク・フォーリー氏から、石垣市の中山義隆市長へ認定証が手渡され、見事ギネス世界記録として認定された。

 今回の挑戦、ギネス世界記録達成のニュースは、地元沖縄だけでなく全国的にも大きく報道されている。この挑戦の成功を足がかりに、様々な地域を元気にしていけるよう、ギネス・ワールド・レコーズ社と地域活性化委員会は各地で取組みを行っていく方針だ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。