2011.11.24(Thu) 株式会社 ブランド総合研究所

B-1グランプリin姫路に過去最高51万5000。優勝は蒜山やきそば

筆者プロフィール&コラム概要

 B級グルメの日本一を決める「B-1グランプリ」が11月12日(土)、13日(日)、西日本では初めて兵庫県姫路市で開催された。今年で第6回目となる今大会は、前年の厚木大会を約8万人上回る51万5000人(主催者発表)が来場し、大会史上最多の来場者数を記録した。

 出展した団体数も前年より17団体多い63団体で過去最多。全国から集まった63団体の頂点に立ったのは、前年のシルバーグランプリを獲得した、ひるぜん焼きそば好いとん会「ひるぜん焼きそば」(岡山県真庭市)。2回目の出展ながら見事ゴールドグランプリに輝いた。

 全国各地で「ご当地焼きそば」がブームになる中、濃厚な味噌ベースの甘辛ダレとかしわ肉の旨味が「ひるぜん焼きそば」の特徴。

 ひるぜん焼きそば好いとん会公認の「ひるぜん焼きそばに合う日本酒"だいびんじょう"」や、タレを活用した煎餅「ひるぜん焼きそば煎餅」なども開発され、前年のB-1グランプリへの出展を契機に、地域の活性化につながりをみせている。

 2位(シルバーグランプリ)には津山ホルモンうどん研究会「津山ホルモンうどん」(岡山県津山市)、3位(ブロンズグランプリ)は八戸せんべい汁研究会「八戸せんべい汁」(青森県八戸市)がランクイン。上位2団体が岡山県勢が独占したほか、4年連続3位以内に入賞している「八戸せんべい汁」が、今年も3位入賞を果たした。

 なお、東日本大震災の被災地からの出展となった浪江焼麺太国「なみえ焼きそば」(福島県浪江町)は4位、石巻茶色い焼きそばアカデミー「石巻焼きそば」(宮城県石巻市)は6位に入賞するなどして、被災地を勇気付けた。

 第7回大会は、2012年10月に福岡県北九州市で開催される。

【B-1グランプリin姫路 上位10団体】
1位 ひるぜん焼そば好いとん会「ひるぜん焼そば」(岡山県真庭市)
2位 津山ホルモンうどん研究会「津山ホルモンうどん」(岡山県津山市)
3位 八戸せんべい汁研究会「八戸せんべい汁」(青森県八戸市)
4位 浪江焼麺太国「なみえ焼そば」(福島県浪江町)

5位 今治焼豚玉子飯世界普及委員会「今治焼豚玉子飯」(愛媛県今治市)
6位 石巻茶色い焼きそばアカデミー「石巻焼きそば」(宮城県石巻市)
7位 熱血!! 勝浦タンタンメン船団「勝浦タンタンメン」(千葉県勝浦市)
8位 十和田バラ焼きゼミナール「十和田バラ焼き」(青森県十和田市)
9位 日生カキオコまちづくりの会「日生カキオコ」(岡山県備前市)
10位 あかし玉子焼ひろめ隊「あかし玉子焼」(兵庫県明石市)
 

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。