他の監督とはここが違う
落合博満だけに見えるものがある

週刊現代 プロフィール

 落合監督は、その理由を、

「オレが記憶している二人の動きと微妙にずれていたんだ」と答えているが、それを聞いた荒木は、
「自分が思っていた以上に無理が来ていた。監督の目だけはごまかせない」
と唸った。

 本人ですら気づかないような変化を、監督の目は見抜いてしまう。それは試合直前にも発揮された。

「その日のコンディションを見極めるのがうまい。中日は同じようなレベルの選手が多いから落合君は、悪ければ代えるし、良ければ使う。井端がケガしても、岩崎(達郎)がいる、堂上(直倫)がいるという風に調子のいい者を使うんです」(佐藤氏)

 しかし見切りも早い。佐藤氏が続ける。

「使えるか使えないかの評価を常にしていた。すべて自分で決めるので、我々も全く知らないうちに、育ちかけていた選手が切られていくこともあった」

 このとてもドライで、ある意味徹底された「プロ意識」が、落合野球のもう一つの特徴でもある。

 監督に就任した'04年、開幕投手を務めた川崎憲次郎氏は、落合監督が選手たちの前で初めて発した言葉を鮮烈に覚えている。

「新体制最初の全体ミーティングでした。『オレの仕事はお前たちのクビを切ることだ』と言ったんです。それが僕らへの監督の第一声でした。『使えなかったら切られる』というのは、プロなら当然のこと。でもそれを改めて口にする監督は、他に聞いたことがない」

選手と心中はしない

 前述のとおり、落合監督の野球では、「打つ」ことより「守り」が優先されている。選手を見るときに、自分の現役時代の能力を基準にしているからである。打つことに関して、現役時代の自分を超える選手はいない。だから、多くを期待しない。

 滅多に選手をほめない落合監督は、

「オレ以上の実績を作った選手がいたらほめてやる」

 というのが口癖だった。

 川崎氏が言う。

「落合さんから見れば、現役選手達は全員、自分以下としか映っていない。

 だからこそ『選手と心中』なんてことはしないんです。選手を信じ切らないから、油断がない。試合への準備はどのチームより緻密に行っているはずです」