今年もあの季節がやってきた・・・
プロ野球獲るべきか、見送るべきか
スカウトが迷うとき

週刊現代 プロフィール

「『どんなことがあってもプロに行きたい』と、引き止めるトヨタ側に堂々と言うんです。普段口数が少ないせいか、これが効果的だった(笑)」(熊野氏)

 金子のように、プロ入り後、期待以上に活躍する選手もいれば、冒頭で書いた通り一軍に定着できぬままチームを去るドラ1もいる。常に「失敗」と隣り合わせのスカウトの仕事は、その何割かが
「反省」の時間に当てられる。

 元中日スカウトの島谷金二氏は、和田毅(31歳・ソフトバンク)の今の姿を賞賛しつつ嘆息する。
「浜田高校時代の和田を見た限りでは、いかにも肩を壊しそうな癖のある投げ方で、大成するようには見えなかった。

 高校時代にいいピッチングをしていても大学で壊れたり、即プロに入っても大卒や社会人出身の選手に技術的に追いつかれたりするケースもある。そのあたりの見極めは本当に難しい」

 野手出身であり、打撃コーチなども歴任した島谷氏は、伸びる選手の必須条件に、「タイミングの取り方」を挙げている。

「バッターならボールを捕まえるのがうまい選手ということ。イチローや立浪(和義)は高校時代からそのセンスが抜群だった。線は細くても、すぐに入団させて、じっくり体力をつけていけば、必ず頭角を現すだろう、という気がしましたね」

 それでも島谷氏は「確実に活躍すると断言できる選手は、まずいない」と語る。

「スカウトは球団の未来も選手の未来も左右してしまう仕事です。心配すれば底がない分、不安も大きい。『ダメかもしれない。でも大丈夫』だと自分に言い聞かせて、この仕事をしています」

迷ったときは獲るな

 かつて横浜ベイスターズでスカウト部長を務めた高松延次氏も、「スカウトの担う責任は重い」と言う。

「ドラフトには『補強』と『補充』、二つの考え方があるんです。来季の優勝を狙うチームなんかは、大卒・社会人の即戦力を最優先に『補充』します。一方、将来を見据え、田中将大やダルビッシュ有のような高卒選手を『補強』して、戦力を養っていくチームもある。

『補充』ばかりを選択し、育成に失敗すると、ブランクを取り戻すには、3年以上かかります。大切なのは『補強』と『補充』のバランスをどう取るか。スカウトが手を抜くと、チームの成長が止まってしまう」

 そのため、チームの資本となる選手を見つけ出す目を、どう養えばいいのかと悩み続けた。