2011.03.30(Wed) 内藤 忍

カリフォルニアワインはこれからどうなる?

中川ワイン販売オーナー・中川一三さんに聞く第2回

筆者プロフィール&コラム概要

内藤: やはりワインをあけてすぐ冷蔵庫にいれるのはよくないのですね。

中川: そうですね。ただ、「ワインは常温」と言いますが、あれは生産国での常温という意味なので、日本の夏の常温で保存するというのは、ありえないですね。夏は、フランスの夏の常温にあわせて少し冷やすくらいがちょうどよい。

 白でもそんなガチガチに冷やすと、香りや味もたってきませんから、赤より少し冷やし気味という程度が一番いいかもしれない。

いいカリフォルニアワインを、どう選ぶ?

内藤: 「カリフォルニアワインを飲んでみたいな」と思う時に、どういうワインを選べばよいでしょう?

 値段が違うとやっぱり(味も)違いますよね? 日本で8万円で売っているカリフォルニアの赤ワインと、2万円のものとではやはり違うのでしょうか?

中川: 3千円のワインと1万円のワインとなると、やはり違いますが、ある程度高いワインになってくると難しいですね。誰もが飲めるわけではないので、比較できないですからね。

内藤: なるほど。やはり、カルト・ワインとなると値が上がるわけですね。

中川: うち(中川ワイン販売)には、高い物も安い物もあります。ただ大体が生産数5000本以下のワインです。

 ですから極端な話、やっとコネクションがつくれてワインを売ってもらえても、仕入れられる本数は、よくて24本程度、12本あればいいというレベルで・・・つまり日本全国の都道府県に1本ずつもいかない程度の量なので、誰もが飲めるものではないんです。だから飲むチャンスがあるときは、飲んだ方がいいと思いますね。

 僕は、これからもカルト・ワインを探そうと思っています。

内藤: カルト・ワインとしてまだ人気は出ていないけれど、飲んでみて、「これは美味しい」というものもあるわけですね?

中川: そうですね。たくさんありますね。

内藤: そういういいカルト・ワインを発見できるとよいですよね。 

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。