2011.03.30(Wed) 内藤 忍

カリフォルニアワインはこれからどうなる?

中川ワイン販売オーナー・中川一三さんに聞く第2回

筆者プロフィール&コラム概要

第1回はこちらをご覧ください。

カリフォルニアワインは、これからどうなる?

内藤: カリフォルニアワインは今後フランス以上に注目される可能性が高いということですよね?

中川: 圧倒的にそういうことになりますね。ラトゥールも、素晴らしいカリフォルニアのカルト・ワインである、ハーラン・エステートのやり方を真似て、生産量を半分にしたところ、(ボルドー)5大シャトーの中でも圧倒的に値段が高くなりましたからね。

 また、中国人がラフィットを好んで大量に購入したので、ラフィットとラトゥールの値段が5大シャトーの中でも圧倒的に上がりましたからね。ボルドーで一番値段が高いのはペトリュス。そしてルパン、オーゾンヌ、ラトゥールとなりますが。

内藤: ブルゴーニュはどうでしょう?

中川: ブルゴーニュでは、ロマネコンティとアンリ・ジャイエが突出していますね。アンリ・ジャイエも1985・86年ものは、1本80万円~100万円しますからね。

内藤: それはやはり、希少性によるわけですか?

中川: 希少性以外ないですよ。希少性の高いロマネコンティなどのワインをもっているのですが、色々な人から「飲んだことないから飲ませろ」と言われるのが一番嫌ですね。

内藤: (笑)飲んでおきたいということですね。

中川: そうですね。先日、80~90人規模のある会で、ロマネコンティを9本あけたのですが、参加していたマダムたちが、ケリーバッグを放り投げてまて、ワイン(ロマネコンティ)に群がる姿に驚きましたね。結局僕は少ししか飲めませんでした・・・(苦笑)

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。