2011.10.22(Sat) 株式会社 ブランド総合研究所

白浜deランチ・・・飲食店23店で地元食材を使ったランチを提供開始

筆者プロフィール&コラム概要

 白浜観光協会、白浜温泉旅館協同組合、白浜町商工会、県、町、白浜飲食業組合、白浜調理師協会などで構成されているALL白浜「ここでしかできない旅」実行委員会では、増加している日帰り観光客に対して地元食材を使ったランチメニューを味わってもらおうと、「白浜deランチ」と題したキャンペーンを開始した。ランチメニューを提供しているのは、和歌山県白浜町の白浜温泉を中心とした飲食店23店。

 この白浜温泉では、観光客が昼食を取ることができる飲食店がもともと少なかったことから、紀州梅鶏や地元の魚介類を生かした地元ならではのランチの開発を各店に依頼し、23店が応えた。

 主なメニューとしては、紀州ひとはめの肉吸そうめん&釜揚げしらす丼セット、梅鶏ランチ、南高梅シャーベット付きランチ、まぐろ丼、紀州梅ピッツァ、太刀魚タタキ丼などで、価格は700~2100円で大半は1000円前後。

 これらの23店の料理写真と店名、価格、営業時間、場所を示したマップと、店主、その店のランチ1品の写真だけを掲載したメニュー、オレンジののぼりを各店に配布している

 


日時:2011年11月10日(木) 19:00~21:00(受付開始:18:30~)
場所:株式会社講談社本社 講堂
アクセス:
http://www.kodansha.co.jp/about/access.html
■主催:講談社『現代ビジネス』編集部

 

詳細はこちら>>>

 


日時:2011年11月27日(日) 15:00~17:00(受付開始:14:30~)
場所:株式会社講談社講堂
アクセス:
http://www.kodansha.co.jp/about/access.html
■入場 :無料
■主催:講談社『現代ビジネス』編集部


詳細はこちら>>>

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。