2011.10.21(Fri) 株式会社 ブランド総合研究所

人間ドックや懐石料理でもてなすヘルスツーリズム

筆者プロフィール&コラム概要

 浜松市北区の聖隷予防検診センターと国民宿舎奥浜名湖では、寺社仏閣が多い奥浜名湖一帯を心身療養に優れたエリアと位置づけ、人間ドックやヘルシー懐石料理でもてなす1泊2日のプランを提供する、ヘルスツーリズムを10月からスタートさせる。地域の観光交流人口の増加が狙い。

 参加者は、初日の昼過ぎまで聖隷予防検診センターで、胸や胃のレントゲン撮影や腹部エコー検査といった人間ドックを受診する。当日に結果が判明し、医師から検査結果に基づいた説明や保健指導が受けることができる。その後、国民宿舎に移動して大展望風呂で疲れをとったり、栄養管理士が監修した通常の宴会料理の半分に抑えたヘルシー懐石料理をいただく。翌朝は宿舎スタッフと15~30分程度のウォーキングを体験する。

 なお、滞在中は保健師に健康や食生活に関する相談もできるほか、解散後も奥浜名湖で楽しめるよう、地域の観光スポットを案内してもらうことができる。

 この取り組みの第一回は、10月25日(火)~26日(水)に開催されるが、すでに定員一杯となっている。今後、年内は11月29~30日、12月21~22日の2回開催する予定。料金は1人あたり5万4,050円(1室2名の場合)。

 

 


日時:2011年11月10日(木) 19:00~21:00(受付開始:18:30~)
場所:株式会社講談社本社 講堂
アクセス:
http://www.kodansha.co.jp/about/access.html
■主催:講談社『現代ビジネス』編集部

 

詳細はこちら>>>

 


日時:2011年11月27日(日) 15:00~17:00(受付開始:14:30~)
場所:株式会社講談社講堂
アクセス:
http://www.kodansha.co.jp/about/access.html
■入場 :無料
■主催:講談社『現代ビジネス』編集部


詳細はこちら>>>

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。