斎藤佑樹(日ハム)VS.澤村拓一(巨人) 「2大新人のアキレス腱」

好対照な二人を徹底比較!元投手、評論家、番記者が丸裸にするッ!
フライデー プロフィール
大野奨太捕手(右)と談笑。緊張の中でも笑顔を絶やさない強心臓も斎藤の武器である

「私も、斎藤はもう少し左足に体重を乗せてもいいかな、とは思います。ただ、本人が言っているように、今はまだ感覚を掴もうとしている段階。股関節の柔軟性が増せば、これは解決できるでしょう。斎藤のフォームの完成度が澤村より低いのは当然といえば当然。

 ローテーション入りするため、早く仕上げてチーム内の競争に勝たねばならなかった澤村と違い、先発5番手を確約されている斎藤は開幕に照準を合わせ、ジックリ調整しているからです。現時点で、あえて気になる点を挙げるとすれば、肩の開きが早いことですね(写真(3))。

 肩が早く開いてしまうと、腕が遠回りしてしまい、上半身に力が入らなくなる。指にかかったボールが投げられなくなるんです。キレが失われ、ボールがお辞儀してしまう」

 3月6日の巨人戦終了後、鎌ヶ谷でミニキャンプを張った斎藤が重要テーマの一つに挙げていたのが「股関節のトレーニング」だった。ノンビリ佑ちゃんに対して、澤村はほぼ開幕OKな状態。OKどころか、栄えある一戦目の先発に抜擢される可能性すらある。再び佐野氏。

「澤村も体の開きが早いように見えたんですが(写真(3))、2日の西武戦では改善されていました。修正点を見つけるほうが難しいぐらい、いいフォームです。写真の(1)~(3)の流れを見てください。しっかり体を後ろに残してから、スムーズに体重移動できています。球の速いピッチャーは、一発を喰らいやすい。大学時代の澤村もよくホームランを打たれていました。ですが、先日のゲームを見ていると、低めにボールを集めて、そこからさらにボールゾーンに変化させるスライダーを投げていた。ただのパワーピッチャーじゃないと感心しました」

 辛口なのは3人目、野球評論家の池谷公二郎氏である。

「誰が見ても澤村の真っ直ぐは一級品。ですが、あのダイナミックなフォームを維持するには、相当量の走り込みが必要不可欠です。大学時代は高橋さんがうるさく言ってましたけど、巨人で続けられるかどうか。今のトレーニングコーチは故障を防ぐのをテーマにしていて、過酷な投げ込み、走り込みを禁じていますからね。去年の東野(峻・巨人)みたいにシーズン途中でバテて失速する可能性がある。しかも、彼はまだ一回も痛い目に遭ってない。打ち込まれた時にどうなるか、精神力の強さを見てみたいですね」