斎藤佑樹(日ハム)VS.澤村拓一(巨人) 「2大新人のアキレス腱」

好対照な二人を徹底比較!元投手、評論家、番記者が丸裸にするッ!
フライデー プロフィール
オープン戦初登板となった千葉ロッテ戦での投球フォーム。軸足を曲げるのが特徴だったが、プロ入り後は真っ直ぐ伸びている(1)。ただ、本人が「力んだ時の悪いクセ」という踏み込む足の突っ張りは改善されていない(4)
重心の低いフォームを支えるのは「185kgのバーベルを担ぎながらスクワットして鍛えた」(巨人番記者)という強靭な下半身。「ギリギリまで体を後ろに残し、タメを作っているから(2,4)強く腕が振れるんです」(佐野氏)

 さらにもう一人、元投手の声を聞こう。

 近鉄でセットアッパーとして活躍した佐野慈紀氏が解説する。