2011.03.10(Thu) 内藤 忍

フランスワインをしのぐカリフォルニアワインの魅力って何ですか?

中川ワイン販売オーナー・中川一三さんに聞く

筆者プロフィール&コラム概要

内藤: それはビジネスというより趣味ですか?

中川: いや、ビジネスですね。欲しいワインがある時は、彼に頼むと用意してくれるんです。

内藤: すごい話ですね。

中川: 彼から買ったワインで一番すごかったのが、1992年物で売り出し価格が1本50ドルのもの。

 そのワインの20本しかないマグナムのうちの1本を買ったんです。僕が買った時が30万円。それが3・4年で450万円ぐらいまで価値が上がりましたね。

 残念ながら、僕は(お金にかえることはなく)すべて飲んでしまいましたが(笑)

内藤: 豪快ですね(笑)

以降 第2回 へ。

著者:内藤 忍(ないとう・しのぶ)
株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。
個人公式ブログ http://www.shinoby.net/  ツイッター http://twitter.com/Shinoby7110

監修:小関 敦之(こせき・あつし)
TVチャンピオン「築地王選手権」優勝。『築地で食べる』(光文社新書)など、築地関連書籍を次々と発表。築地歩きの第一人者として活躍する傍ら、『東京ランチレボリューション』(東京書籍)など独自の「食」人脈を生かしたグルメ本のプロデュースも手がける。また、近著『築地じこみの魚の肴』(東京書籍)ではレシピ本デビューを果たす。ちなみに本業はサラリーマン。
個人ブログ http://www.tsukijioo.com/blog/  ツイッター http://twitter.com/Tsukijioo

監修:神森 真理子(かみもり・まりこ)

慶應義塾大学卒業。 パリ第3(ソルボンヌ)大学で映像ビジネス・アートマーケティングの勉強をし、映画会社に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、世界の食文化に魅了される。フードアナリストとして執筆・講演、食×映画の伝道師として食と映画の情報発信・イベント企画などを手掛ける。現在「nifty厳選レストラン」にてカリスマフードアナリストとして、料理通信アンバサダーblog「ニッポン列島食だより」にて料理通信アンバサダーとして食情報を発信中。ウェブマーケター、歌手としての顔も持つ。
webダカーポ http://webdacapo.magazineworld.jp/lifestyles/26720/ 
ツイッター http://twitter.com/_Mariko_ 
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。