2011.03.10(Thu) 内藤 忍

フランスワインをしのぐカリフォルニアワインの魅力って何ですか?

中川ワイン販売オーナー・中川一三さんに聞く

筆者プロフィール&コラム概要

中川: 極端な話、30種類のワインの中に1つグレープジュースを入れてブラインドテイスティングをしても、それがジュースだとわからずに点数をつけ、「このワイン、意外と軽いね」などとコメントする人も多いですよね。実際アメリカで試しにやってみたところ、かなり大勢のワイン愛好家が見抜けず、点数をつけましたからね。

内藤: 見抜けないんですね。それもワインの素人ではなくプロフェッショナルの会で?

中川: そうですね。よくワインを飲んでいる方々の会ですね。その程度なんです。

内藤: その程度ですか・・・

中川: だから僕はワインはあてっこするべきでなく、純粋に楽しむべきだと思っています。

 ロマネコンティも、紙コップやお茶碗で飲んだら全く美味しくないでしょ?

内藤: 本当にそうですよね。僕は昔、プラスチックのコップで「これがロマネコンティだから」と飲ませてもらったことがあるのですが、「えっ これがそうなの?」と思いました(笑)

中川: だいたい皆、ロマネコンティを飲んでがっかりするんですよ(笑)

内藤: 要するに値段が異常に割高ということですかね?

中川: 今は、カリフォルニアワインでロマネコンティより値段で上をいくものもありますね。もし30万円で買えるロマネコンティがあったら、それはニセモノと思っていいでしょうね。

内藤: (笑)やはりロマネコンティにもニセモノがあるんですね。

中川: 本物の5倍程度の量のニセモノがでまわっているといわれますよね。

内藤: ニセモノというのは、空瓶につめるんですか?それともニセモノのエチケットをつくってはるとか?

中川: ニセモノのエチケットはいくらでもつくれますからね。貨幣とは違って罪は軽いですから、偽造がしやすい。

内藤: なるほど。ではだまされないためにはどうすればいいのでしょう?

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。