2011.03.10(Thu) 内藤 忍

フランスワインをしのぐカリフォルニアワインの魅力って何ですか?

中川ワイン販売オーナー・中川一三さんに聞く

筆者プロフィール&コラム概要

内藤: ヴィンテージが90年ということですか?

中川: そうですね。もちろん、その前からカリフォルニアワインは流通していましたが、農家の方が副業でワインづくりをしているケースが多かったんです。82年頃からニューヨーク・シカゴの引退したお金持ちがカリフォルニアに移り住むことにより、資本が増え、発展したわけです。

 アメリカ人が余生をすごしたいと思う土地がカリフォルニアなんですよね。そういうわけで、ビジネスで成功した人たちがカリフォルニアに移住し、趣味でワインビジネスをはじめ、カルト・ワインがつくられるようになった。それが90年頃の話になります。

内藤: ワインビジネスをされていて、世界中のワイン情報が集まってきた。そして、色々なワインを味わううち、「(カリフォルニアワインは、)やっぱりちょっと違うぞ」と思って、カリフォルニアワインにいきついたということでしょうか?

中川: そうですね。カリフォルニアワインとフランスワインの両方を提供していても、カリフォルニアの方が圧倒的に評価が高かった。カリフォルニアワインとフランスワインを一緒にだすと、カリフォルニアワインはあっという間に空になってしまい、フランスワインのラトゥールやマルゴーなんかが後に残ってしまうという・・・。ここ15年くらいそういう傾向ですね。

内藤: カリフォルニアワインとフランスワインをブラインドテイスティングすると、味では完全にカリフォルニアワインが勝っているということでしょうか?

中川: 味だけでいうとカリフォルニアワインの方が圧倒的に美味しく、フランスは勝てていないと、私は思います。ただフランスワインはやはりその名前、ブランディングによって一定の評価を得ているのです。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。