2011.03.10(Thu) 内藤 忍

フランスワインをしのぐカリフォルニアワインの魅力って何ですか?

中川ワイン販売オーナー・中川一三さんに聞く

筆者プロフィール&コラム概要
中川ワイン販売の中川さん(左)と内藤忍さん(右)

 今回は、日本におけるカリフォルニアワイン輸入元のパイオニアといわれる、中川ワイン販売の中川さんです。

 中川さんは、カリフォルニアで開催されるワインオークションに毎年参加し、希少なカルト・ワインの買い付けをされており、現地の文化・人にも精通している業界屈指の存在です。

 そんな中川氏が所有する希少なカリフォルニアワインが眠る部屋で、実施されたインタビューをお届けします。

色々なワインを飲んでいるうち、いきついたのが「カリフォルニアワイン」

内藤: 中川さん、今日はよろしくお願いします。

中川: よろしくお願いします。

内藤: 早速ですが、中川さんがワインビジネスを始められたきっかけを教えてください。

中川: ビジネスという意味では、僕の甥がやっていたワインビジネスを4年半ほど前に、息子と一緒に引き継ぐことになったのが始まりです。もちろんそれ以前からワインとは出会ってはいたわけですが(笑)

内藤: 中川さんは、いつワインと出会われたのですか?

中川: 1959年にアメリカに行った時ですね。当時は、アルコールはあまり飲めなかったんです。飲んでいたアルコールは日本酒や老酒など・・・。僕は野菜は一切食べないのですが、友人から「ワインは身体にいいから」と勧められ、ワインを飲むようになったんです。

内藤: なるほど。はじめは健康のためだったんですね。中川ワインは甥っ子さんがはじめられたということですが、その後どのように展開されてきたのでしょう?

中川: はじめはフランスワインの方が多かったですね。ただ飲んでいるうちに、自然とカリフォルニアワインの美味しさに目覚めました。1990年代になって、カリフォルニアワインは一気に変化し、よくなったんです。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(ないとう・しのぶ) 株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。
1986年東京大学経済学部卒業。91年、MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社、マネックス証券などを経て2005年11月より現職。「日経マネー」などの雑誌での連載コラムや、テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活躍。また、早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学をはじめとするマネーセミナーや講演活動も行う。主な著書に10万部を超えるベストセラーとなった『内藤忍の資産設計塾』(自由国民社)シリーズのほか、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)など多数。


内藤忍の「グルメ設計塾」

グルメな投資のスペシャリスト・内藤忍が、「食」こそ人生最高のインベストメントと考えお届けする、できる男のグルメの法則。投資効率の高い失敗しない店選びやオーダー方法、ハイリターンの「おもてなし術」、ローリスクで美味しいものを食べるヒントなど、ビジネスシーンやデートに使える小ネタが満載。監修は、築地王こと小関敦之さんです。