一転し、東京の政治エリートと歩調を合わせ始めた朝日新聞の「沖縄報道」

日米首脳会談報道を読み解く
佐藤 優 プロフィール

21日(日本時間22日)、首脳会談には野田、オバマ両首脳の他、玄葉光一郎外相、クリントン国務長官が参加。外務省や国務省職員ら両国事務方も同席した。会談終了後、キャンベル次官補が報道陣に、会談内容について「われわれは結果を求める時期に近づいている。それは大統領からも明確にあった」と解説した。

 それを受け、日本メディアは「(オバマ大統領は)具体的な進展が得られるよう日本側の努力を強く要求した」と報道。この「結果要求」の背景としては、「普天間移設とセットである在沖米海兵隊のグアム移転の実現性にも(米議会から)厳しい視線が注がれ、現行計画が空中分解しかねない現状への米側のいら立ちを映し出した」とした。

 関係者によると、野田首相は記者団に「オバマ大統領との会談で結果を求められたのか」と問われ、首をかしげた。首相は普天間問題のやりとりについて「こちらから沖縄の負担軽減を図りながら、誠心誠意説明していくという話をした。(大統領から)進展を期待しているという話はあった」と述べたという。 〉

 朝日新聞を含む全国紙は、普天間問題に関し、「結果を求める時期に近づいている」という発言がオバマ大統領からあったかなかったかを巡って、オンレコ扱いの内政懇で野田首相が述べたことと、米国務省のキャンベル次官補の記者に対するフリーフ(説明)に差異があることについて報じなかった。

 首脳会談で、オバマ大統領が「時期が近づいている」という時限性、「結果を求める」という内容を要求したか否かという問題は、今回の首脳会談のまさに肝となる問題だ。この点ついて日米間に事実認識の差異があると、その後、深刻な外交問題を引き起こしかねない。この点について検証することが日本の国益のために重要と考える。

 日米首脳会談について、読売新聞の報道を見てみよう。

〈 首相は、懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、同県名護市辺野古に移す昨年5月の日米合意に沿って、沖縄の理解を得られるよう全力を尽くす考えを伝えた。大統領は日米合意の早期実現を強く求めた。

 約35分間の会談は、大統領が最初に発言し、主に2国間の懸案について解決・進展を求める形で行われた。このうち普天間移設問題で、大統領は「結果を見いだすべき時期に近づいている。進展に期待している」と述べた。首相は「様々な懸案を一つ一つ解決していくのが野田政権の使命だ。日米合意にのっとって、沖縄の負担軽減を図りながら、沖縄の皆様の理解を頂けるよう全力を尽くしていく」と応じた。 〉(9月22日読売新聞電子版)

 読売新聞は、オバマ大統領の発言として「結果を見いだすべき時期に近づいている。進展に期待している」と報じている。

 毎日新聞も〈 首相は会談で、昨年5月の日米合意の着実な進展を図ることを強調し、首脳間の信頼関係構築を目指した。これに対し、オバマ大統領は「これからの進展に期待している」としたものの、「結果を求める時期が近い」とも述べ、日本側の努力を改めて強く促した。 〉(9月22日毎日新聞電子版)と読売新聞と同様に「結果を求める時期が近い」という発言がオバマ大統領によってなされたと報道している。