2011.09.29(Thu)

田原総一朗×浅川芳裕×福島の農業経営者たち「農作物の安全、国民の安心のために何をすればいいのか」

『現代ビジネス@福島』キックオフ座談会VOL.2

筆者プロフィール&コラム概要
「あおむしくらぶ」の鈴木光一氏

田原: これは必要かもしれないですね。みんなで勉強し合うと。

鈴木: 今お客さんがいちばん欲しいのは、それが安全かどうかという保証で、それはキチンと測定して検査してNDだったというお墨付きのペーパーなんですよ。それで実態がわかれば安心して買ってくれます。安全であるかどうかをキチンと判断したうえで、安心をどう消費者に提供できるかというのがわれわれのテーマです。

田原: そうすると、安全は計測器で、安心は講習会で提供していくということになるのかな。じゃあ、そろそろ会場から質問を受けようかな。疑問に思ったことやご意見など、なんでもけっこうです。

放射性物質汚染は「合法」?

質問者A: 私は郡山で養鶏を中心に農業をやっています。私のところではすでに300万円弱の計測器を買っているので、みんなで測りたいなと思っています。

 私のところは無農薬で安全な食材を提供していこうということでやっていたのですが、震災後は鶏卵の売上が八割落ちまして、二割くらいになってしまいました。鶏肉のほうは五割強下がりました。計測器で検査をちゃんとやって、すべて未検出だったのですが、今や検出するしないにかかわらず、「産地が福島であるかどうか」という基準が強くなりすぎているな、と感じます。それで、一度リセットするにはいい時期かな、と思いまして、鶏の生産をやめることにしました。

 そういう福島の現状をどのように全国の皆さんにわかっていただくかとか、キッチリ計測することにプラスして、もっと何かをやらなければならないのではないか、と思っていたところなので、先ほど浅川さんが言っておられた勉強会を、地元だけではなく全国規模で、いろいろなところの方々を交えて真剣に話し合う場が作れたらいいな、と思いました。

田原: 「福島だから」という話が出ましたが、これはほとんどが風評被害ですよね。この風評被害を一旦リセットしたいとおっしゃったけど、同じようなことがまた起こるかもしれない。どうすればいいんですかね。

浅川: 当たり前のことなんですが、汚染の濃度と特定の地名って直接的な関係はないんですね。たとえば茨城のある地域のほうが福島のある地域より汚染の濃度が濃いということだってあるわけです。

 ですから、たとえば日本全国を、この濃度なら第一汚染地域、この濃度なら第二汚染地域、という形で第五汚染地域くらいまでに分けて、特定の地名を言わないで汚染の濃度だけで考えて、それぞれの地域で除染の競争をすると良いのではないですかね。「うちは第五だったんだけど、除染した結果第三になった」というように、地名を言わずに濃度で扱うというやり方をすれば良い。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

@福島

福島県から、福島の、そして日本の未来を考える。ときには東京からも情報を発信します。