2011.09.29(Thu)

田原総一朗×浅川芳裕×福島の農業経営者たち「農作物の安全、国民の安心のために何をすればいいのか」

『現代ビジネス@福島』キックオフ座談会VOL.2

筆者プロフィール&コラム概要
田原総一朗氏、『農業経営者』副編集長・浅川芳裕氏

田原: 牛肉の問題なんですが、先日「朝まで生テレビ」に札幌医大副学長の西尾さんに来ていただいて、福島の牛肉を食べたら身体に影響があるのかと聞いたら、「そんなものはない」と言っていたんですよ。これはどうですか。

浅川: 僕は医者じゃないのでその辺は何とも言えませんが、人間はこういう危機的状況に立つと足し算で考えるんだろうと思いますね。いくら少ないと言っても足したら増えることは事実じゃないか、だったら最小限に抑えたい、というような親御さんの気持ちはいくら説明しても変わらないと思います。

まず第一に除染が急務

田原: だからと言って諦めていたのではどうしようもないので、ではどうすれば買ってもらえるんでしょうね。

浅川: 今の牛肉の話で言えば、政府はすぐ出荷停止にしてしまうわけですね。農水省も落ち度を認めて、今まで除染にまったくお金を出してこなかったのに、すぐに800億円かけて出荷制限して買い取りをするということをやったわけですが、本来であればまず放射性物質の濃度を下げていくべきです。

 まず餌の濃度を下げていくべきですし、すでに生体濃縮が起こっているわけですから、チェルノブイリでもヨーロッパでも、牛にある物質を飲ませて放射性物質を糞尿として排出させていますが、そういうこともやるべきでしょう。お客さんを安心させながら経済的にやっていく方法については、ヨーロッパではチェルノブイリ以降の25年の歴史があるわけです。

 政府はそれを真似ればいいんですよ。ところが、日本の場合は今からそれを一から研究しますと言っている。ヨーロッパではすでにそれをやっていて、飼料添加物としても世界7カ国で認可を受けています。しかし、それを6月に研究予算を採択して来年の3月に研究結果を出して、そこから飼料添加物の許可を得るのに3年かかるんです。2014年から始めようというような話をしていて、結局外国人のやったことを認めないという、国産主義とでもいうべき考え方になっています。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

@福島

福島県から、福島の、そして日本の未来を考える。ときには東京からも情報を発信します。