運動学習の記憶を長持ちさせるには適度な休養が必要であることが脳科学的に解明!

 独立行政法人理化学研究所の永雄総一博士らの研究チームがJournal of Neuroscienceオンライン版2011年6月15日号に発表した研究で、学習の効果を長持ちさせるには適度な休憩が必要であることを脳科学的に立証しました。

 これまで学習心理学の研究結果などから、一夜漬けのような短時間の集中学習でできた記憶によりも、休憩を取りながら繰り返し学習する分散学習による記憶のほうが長持ちすることが「分散効果」と呼ばれて知られてきましたが、こうした効果が現れる原因であると考えられる、短期記憶から長期記憶への変換プロセスにおける脳神経科学的な分子レベルでの解明は進んでいませんでした。

 今回、永雄博士らはマウスの眼球運動に着目し、集中学習と分散学習の記憶が脳のどの部位に保持されているのかを実験で調べました。その結果、集中学習の記憶は小脳皮質の神経細胞であるプルキンエ細胞に、分散学習の記憶はプルキンエ細胞の出力先である小脳核の神経細胞にそれぞれ別に保持されていることが明らかになりました。

 これは、学習によって短期記憶が形成され、それが長期記憶として固定化されるときに生じる「記憶痕跡のシナプス間移動」という現象により、分散効果が起きることを世界で初めて明らかにした成果であり、また、小脳核の神経細胞に長期記憶が形成されるには、休憩中に小脳皮質で作られる「あるタンパク質」が重要な役割を演じていることも確認されました。研究チームはこのタンパク質を同定することができると、記憶が作られる仕組みを解く大きな手がかりを得ることとなり、記憶障害の治療に役立つことが期待されるとしています。

医療ジャーナリスト 宇山恵子
Journal of Neuroscienceオンライン版 2011年6月15日号
独立行政法人理化学研究所プレスリリース 2011年6月15日