2011.08.15(Mon) 株式会社 ブランド総合研究所

「フード・アクション・ニッポン アワード 2011」受付開始

筆者プロフィール&コラム概要

 今回が第3回目となる「フード・アクション・ニッポン アワード 2011」の応募について、7月25日よりWEB応募受付が開始となった。

 「フード・アクション・ニッポン アワード」とは 食料自給率向上に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」の展開の一環として創設され、食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の取り組みを一般から広く募集し、優れた取り組みを表彰することにより、食料自給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが安心しておいしく食べていける社会の実現を目指すもの。

 昨年度の「フード・アクション・ニッポン アワード2010」には全国から2,500余件の応募があった。開催3回目となる2011年度は、受賞・入賞の取り組み・活動の表彰のみならず、参加者の先進的な取り組みを広く紹介し、食料自給率向上につなげていきたいと実行委員会では考えている。

 なお、「フード・アクション・ニッポン」とは 日本国内にとどまらず、世界規模で食料問題がますます深刻化する中、国産農産物の消費拡大は食料自給率向上を実現する最も有用な手段である。

 そのためには、消費者の啓発と意識改革にとどまらず、「生産」「流通」「消費」のそれぞれの現場で問題意識を認識・共有し、消費者・企業・団体・地方公共団体など、全ての国民が一体となって国産農産物の消費拡大を具体的に推し進めることが重要な課題となっている。

 これらの課題の実現を目的として、平成20年度より食料自給率向上に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」が立ち上った。 多くの消費者が、国産農産物を選択して、使う、食べることで、農生産者の方々からより多くの国産農産物が作られるようになり、食品にかかわる企業・団体の方々から、国産農産物を使ったより優れた商品や料理、食生活が提案され、それによりさらに多くの人が国産農産物を選択する。その結果、『豊かな美味しい国産の食品に満ちたニッポン』という国をつくっていきたいという狙いがある。

【概要】
主 催: フード・アクション・ニッポン アワード 2011 実行委員会

共 催: 農林水産省

後援(予定):内閣府・文部科学省・厚生労働省・観光庁・環境省

実施期間:≪応募受付≫ 2011年7月11日(月)~9月20日(火)当日消印有効

≪表 彰 式≫ 2011年12月上旬  会場:東京都内(予定)

募集部門:食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の活動が対象
・プロダクト部門
・製造・流通・システム部門
・コミュニケーション・啓発部門
・研究開発・新技術部門

表 彰:「大賞」1件
「部門 最優秀賞」各部門 1件
「部門 優秀賞」各部門 10件
「入賞」1次審査通過作品
「食べて応援しよう!賞」複数件

*部門ごとに最優秀賞(1件)及び優秀賞(10件)を選定、4部門の最優秀賞(4件)の中から大賞 (1件)を選定します。大賞に選ばれた部門の最優秀賞(1件)は、優秀賞から繰り上がります。

*食べて応援しよう!賞は、東日本大震災の復興に向けた活動や被災地に対する支援活動に授与 します。

【問合せ先】
フード・アクション・ニッポン アワード 2011 実行委員会事務局
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-18-3 エルカクエイ笹塚ビル7F
TEL: 0120-536-526 (フリーダイヤル)
FAX: 03-3373-3780
[ 土・日祝日を除く、 10:00 ~ 18:00 ]

E-mail: fan_award@syokuryo.jp
応募に関する詳細 http://syokuryo.jp/award/index.html

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。