2011.08.12(Fri) 株式会社 ブランド総合研究所

ご当地グルメに便乗した酒「だいびんじょう」販売/真庭市

筆者プロフィール&コラム概要

 昨年9月に開催された「B級ご当地グルメの祭典 B-1グランプリin厚木」にてシルバーグランプリに輝いた岡山県真庭市のご当地グルメ「ひるぜん焼きそば」(ひるぜん焼きそば好いとん会)。この人気に便乗したユニークな名前の日本酒『だいびんじょう』が真庭市内の蔵元「御前酒」から、8月9日(火)より新発売される。

 ひるぜん焼きそばの人気に"びんじょう(便乗)する"という意味で付けられた『だいびんじょう』は、「ひるぜん焼きそば好いとん会」と「御前酒蔵元 辻本店」との共同プロジェクトで誕生。

 もちろん、ひるぜん焼きそばとの相性は抜群で、『だいびんじょう』の醸し出す酸味が、ひるぜん焼きそばの濃厚な味噌ベースの甘辛ダレと、かしわ肉によく合うほか、焼きそばのこってりとした後味を洗い流し、食後には口の中にさっぱりとした味わいが広がると言う。

 ひるぜん焼きそば好いとん会の加盟店や全国各地の御前酒取扱店にて購入することができ、価格は850円(税込価格、500ml)。飲み方は、冷やロック、ぬる燗がおすすめ。

 なお、売り上げの一部は、「ひるぜん焼きそば好いとん会」の活動費の一部にも充てられ、各種イベントの出展費用や真庭市のまちおこし、PR活動等に活用される。商品の詳細は以下の通り。

販売概要
・商品名 ひるぜん焼きそばの人気に便乗したお酒 迷酒『だいびんじょう』
・発売日 2011年8月9日(火)
・容量 500ml
・価格 850円(税込)
・販売場所 ひるぜん焼きそば好いとん会加盟店舗、全国の御前酒取扱店

商品概要
・原材料 米・米麹・醸造アルコール
・使用米 岡山県産米
・精米歩合 70%
・使用水 蒜山高原を源流とする旭川の伏流水
・アルコール度数 15度以上16度未満 

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。