2010.11.10(Wed)

本当は危険な有機野菜

安全? 健康にいい? 何の根拠もありません

筆者プロフィール&コラム概要
週刊現代

 つまり「有機肥料なら何をどれだけ使っても『有機農産物』として販売できる」ということである。では「有機肥料」とはなんなのか。有機と聞けば、耳触りよく聞こえてしまうが、実はここにも「落とし穴」が隠されているのだ。

有機野菜でがんになる?

 有機肥料とは何なのか。『野菜の裏側』(東洋経済新報社刊)の著者で、自身でも農作物を販売している河名秀郎氏が解説する。

「ひとつは家畜の糞尿を発酵させてつくる『動物性肥料』、もうひとつは草を発酵させた堆肥、米ぬかなどから作られる『植物性肥料』のふたつがあります。現行のJAS法では、このどちらを使っても『有機農産物』と謳うことができます」

 化学肥料ではなく、有機肥料で育った野菜ということで、消費者は『安全』『安心』『健康に良い』というイメージを持ってしまうが、鶴見クリニックの鶴見隆史院長は、こう指摘する。

「農薬の問題に関しては、一般野菜より有機野菜のほうが安全なのは間違いない。しかし、有機栽培において、有機肥料を大量に使うことで生じる危険や問題については、消費者にはほとんど知られていないのではないでしょうか」

 実は近年、野菜とがんの関係に大変な注目が集まっている。

 野菜に含まれる「硝酸性窒素」が、がんと関係しているのではないかと指摘され始めたのは、最近のこと。元々人間の体内に存在している硝酸性窒素だが、食物を通じて摂取しすぎると、体内で肉や魚のたんぱく質と結合し、「ニトロソアミン」という発がん性物質を発生させる可能性が指摘されているのだ。そしてこの硝酸性窒素は野菜にも大量に含まれているという。

「農作物の生長を促進させるためには窒素が必要で、ほとんどの肥料には窒素が含まれていますが、農作物は肥料から窒素を取り込むと、これを硝酸性窒素に変えてしまうのです。そして野菜を食べることで人体にも硝酸性窒素が蓄積するのです」(日本農業新聞の記者)

 欧米では野菜を通じて硝酸性窒素を摂取しすぎたため、赤ちゃんが死んでしまったというケースも報告されており、人体に害を与えると懸念されている。化学肥料だろうが有機肥料だろうが、肥料を使えば農作物には硝酸性窒素が蓄積されることに違いはない。

 つまり、有機野菜であっても、体内に発がん性物質が生成される可能性があるのだ。健康になろうと有機野菜を摂取し続けた結果、がんになってしまっては、元も子もない。

 また、有機肥料をつくる過程で病原菌が混入し、それが有機野菜に取り込まれる危険性についても、研究が進められている。有機肥料(堆肥)の原料となる家畜のフンや残飯には、サルモネラや病原性大腸菌O157など食中毒を起こす病原菌が含まれていることがあるという。

最新号のご紹介

トップページへ戻る

賢者の知恵

週刊現代、セオリーより、マネー、生活関連の特集記事をお届けします。