バリアフリーで旨い店見つけます!
池袋のビアガーデン

久々のビアガーデンをお茶で満喫するめんくい鈴木

 夏といえば生ビール。生ビールといえばビアガーデン。病後は「休酒中」という鈴木さんですが、アルコールのほうはわたくしライターの山岸朋央が請け負いまして、今回はバリアフリーで旨いビアガーデンを探します。

 情報収集を開始するや否や、我が知恵袋の車椅子の友人から「西武池袋本店の『屋上ビアテラス』なら、トイレが近くなりがちな生ビールも安心して飲めるよ」と、またまた貴重な情報が。さっそく調査開始です。

 本館9階のエレベーターの扉を出て、緩やかなスロープを下った先に広がる『屋上ビアテラス』。風の通りも良く、居心地も良さそうです。段差の一切ない場内には、固定ベンチシートの長テーブルと4人掛けの丸テーブルの計350席が、ゆったりと配置。40卓ある丸テーブルならば、車椅子のままでも問題なく利用可能です。

鈴木「車椅子対応ではないですが、車椅子でも入れそうな広めの手すり付き洋式トイレが場内に新設されているというのは、やはり安心ですね」

 すぐ下の8階を始めとして店内には多目的トイレが10ヵ所も設置されており、安心してビールを飲めそうです。メニューは「飲み放題+鍋」(大人・3300円)が基本。飲み物はセルフサービスで、生ビールやハイボール、サワーなどが用意されています。

鈴木「セルフサービスは、車椅子や目の不自由な人などにとって、バリアになるんですが」

 女性の店員さんに確認したところ、しっかりとした答えが。

「席までお持ちしますし、他にもお手伝いが必要な際は、気軽に声をかけてください」鍋はもつ、カレー、キムチの3種類。今年初登場という「野菜たっぷり国産豚のコラーゲン入りヘルシーキムチ鍋(味噌味)」をいただく。

鈴木「コクのあるまろやかな辛味に箸が止まりませんが、食べ物がこの鍋だけでは物足らないのでは。サイドメニューを頼むと割高になるし」

 ここでコストパフォーマンスを上げる裏技をひとつ。地下食品フロアにある案内所等で割引券付のチラシをもらいましょう。月~木曜の18時までの入店、または20時以降の入店なら驚異の「800円割引」、それ以外でも「300円割引」がゲットできます。

鈴木「そういえば東武百貨店の池袋店にも屋上ビアガーデンがありますが、こちらはどうでしょうね」

 実は先に覆面調査していて、入り口に3段の階段が。スロープ代わりに鉄板を用意しているようです。

店員「車椅子利用者の来店時は、店員らで抱えて運ばせていただきます」

 その気持ちは嬉しいのですが、入り口の外にあるトイレのたびにお願いするのは、気が引けます。なんとか考えてくださいね、東武さん!

西武池袋本店 屋上ビアテラス

 3年前に、15年ぶりに復活した本館₉階の屋上にあるビアガーデン。基本メニューは『鍋料理(3種類から1つ選択)+飲み放題(2時間)』(大人3300円)。

 もつ・カレー・キムチの3種類の鍋はコラーゲン入りで、女性客が6割以上。サイドメニュー(別料金)も数多い。

帰ってきためんくい鈴木
本名・鈴木正博。脳出血による、右半身マヒのリハビリ中。障がい者に優しい店を探しています
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら