「地元・岩手すら見捨てた『許されざる政治家』の実像」
著者インタビュー:『角栄になれなかった男 小沢一郎全研究』松田賢弥(ジャーナリスト)

 元秘書による4億円の政治資金収支報告書への虚偽記載が問題となっている陸山会事件だが、私は当初から小沢一郎自身の法的な責任を問うのは難しいのではないかと考えていた。小沢は何よりも政治資金にまつわる法律を熟知した政治家なので、簡単に尻尾は出さない。

 だが、虚偽記載について小沢本人に法的な責任がないことと、小沢が抱えている資金問題は話が別だ。

 4億円の虚偽記載が問題になっているが、では、そもそもその4億円はどこからやってきたものなのか。本書で詳述しているが、小沢の財布にはさまざまなカネが流れ込んでいる。政治団体にゼネコンから入ったカネ、岩手めんこいテレビの株式、経世会から略奪したカネ、政党を壊したときに得たカネ、そして民主党の組織対策費---。

 カネに色はついていないから、どのカネを何に使ったのか見抜くのは困難だ。ただこうは言える、小沢のもとには不自然な額の資金が集まり、あまりにも不透明な使われ方をしている---。

政党助成金を使途不明金に

 小沢はかつて経世会を割ったとき、「政治改革」を錦の御旗に掲げ、政治腐敗の根絶を謳った。だが、小沢がその後やってきたことを見れば、政界の浄化とは真逆ではないか。

 政党解散時には自身が関係する政治団体へ不明朗な資金移動を繰り返し、政党助成金を使途不明金にしてしまう。小沢はこのことについて、いっさい釈明していない。そして、民主党にも小沢問題を正面から追求するつもりはないようだ。

 仮に陸山会事件において、小沢が罪に問われなかったとしても、東京地検特捜部が問題にしてきた小沢事務所の資金問題は、氷山の一角にすぎない。小沢の資産問題の本質となにか、これは読者に本書を読んで判断していただきたい。