2011.07.08(Fri) 株式会社 ブランド総合研究所

「新・ご当地グルメグランプリ北海道2011」開催

筆者プロフィール&コラム概要

 地産地消を軸とした「食によるまちおこし」を行う北海道内の団体が集い、出展料理でグランプリを競う「新・ご当地グルメグランプリ北海道2011 inオホーツク北見」が7月2、3日の二日間、北見市端野町公民館横メルヘン広場で開催される。

 本大会は、食による観光まちづくり推進協議会が主催するもので、今年で2回目を迎える。昨年美瑛町にて開催された第一回大会には12団体が出展し、来場者は1万2千人にも上った。今大会の第二回大会では、13団体が出展し、来場者は昨年を5千人も上回る2万人を想定している。

 グランプリの審査方法は、売上数で計測する「人気度」と、食べた味と買った金額を五段階で評価する「味」「コストパフォーマンス」の3つの要素から決定する。公式ホームページでは、グランプリの事前予想アンケートも実施している。

 なお、提供される料理は、原則的に各団体で定めたルールに沿って作られ、価格は400円~600円。料理の購入には、専用のグルメチケットが必要で、当日の9時から15時に当日券が販売される予定。詳細は「新・ご当地グルメグランプリ北海道2011 inオホーツク北見」ホームページまで

http://www.shingotochi.com/kitamigp/index.html

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

ニュース列島

日本経済が浮上するするために、地方の再生こそが重要だ。自らの智恵と活力でわが町を再生させようーーそんなムーブメントが各地域で起きている。東京ではわからない地方発の経済、企業情報をクローズアップする。