五味隆典は「世代交代」に抗えるのか ~12.29&31『RIZIN』展望~

「頑張ります……。いいコンディションでやれるようにしっかり練習します。それだけかなぁ」 11月29日、東京・恵比寿にあるウェスティンホテルで開かれた『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017(12月29・31日、さいたまスーパーアリーナ)』の追加対戦カード発表記者会見。矢地祐介(KRAZY BEE)との対戦が決まった五味隆典(東林間ラスカルジム)は、その席上で、力無く、そうコメントした。精気が感じられない。

more

サッカー界を影で支える「移籍代理人」という仕事 ~稲川朝弘Vol.1~

李忠成をイングランドのサウサンプトンFCへ、前園真聖をブラジルのサントスFCとゴイアスFCに移籍させる。またウェズレイを名古屋グランパス、レアンドロ・ドミンゲスを柏レイソルに連れてくる。あるいは日本代表で頭角を現しつつある杉本健勇に早くから目をつける――。

more

さらばプエルトリコの英雄、ミゲール・コット! 米リングでも人気を保ち続けた理由

今週末、プエルトリコ初の4階級制覇王者が“ラストファイト”を迎える。ボクサーの引退ほど信用できないものはなく、コットも条件次第で近未来のカムバックの可能性は常に残る。ただ、例えそうだとしても、足掛け17年に及ぶコットのキャリアが最終盤を迎えていることに変わりはない。

more

ヤクルトがバレンティンとの「再契約」に踏み切った理由 小川淳司さんが明かす

東京ヤクルトのウラミディール・バレンティン選手が球団との間で新たに1年契約を結びました。2013年にNPB史上最多の60本塁打をマーク、MVPに輝いたバレンティン選手も来年夏には34歳になります。今シーズンはチーム最多の32本塁打をマークしたものの、不得手な守備や走塁面を考えると、「そろそろ、新しい外国人選手に切り換えてもいいのでは……」との声も内部にはあったそうです。

more