読書人の雑誌『本』より
定年を終えた、ある「伝説の知能犯刑事」のその後
「天下った」と陰口を叩かれたくなかった 
清武 英利
読書人の雑誌『本』より