首都大学東京教授
山下 祐介
YUSUKE YAMASHITA

首都大学東京教授。1969年生まれ。九州大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程中退。弘前大学准教授などを経て、現職。専攻は都市社会学、地域社会学、環境社会学。著書に『限界集落の真実』『東北発の震災論』『地方消滅の罠』(ともにちくま新書)、『「復興」が奪う地域の未来』(岩波書店)、『都市の正義が地方を壊す』(PHP)。共著に『人間なき復興』(ちくま文庫)『「辺境」からはじまる』『原発避難論』(ともに明石書店)ほか。