日本国際交流センター執行理事
毛受 敏浩
TOSHIHIRO MENJU

1954年徳島県生まれ。慶應義塾大学法学部卒、米エバグリーン州立大学大学院修士、桜美林大学大学院博士課程単位取得退学。兵庫県庁に勤務し、現在は日本国際交流センター執行理事。外国人定住政策の専門家。著書に『限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択』(朝日新書)、『人口激減―移民は日本に必要である』(新潮新書)、『自治体がひらく日本の移民政策-人口減少時代の多文化共生への挑戦』(明石書店)など多数。