竹内 明
MEI TAKEUCHI

1969年生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。慶應義塾大学法学部卒業後、1991年にTBS入社。社会部、ニューヨーク特派員、政治部などを経て、ニュース番組「Nスタ」キャスターなどを務めた。国際諜報戦や外交問題に関する取材を続けている。

公安警察や検察を取材したノンフィクション作品として、2009年『ドキュメント秘匿捜査 警視庁公安部スパイハンターの344日』、2010年『時効捜査 警察庁長官狙撃事件の深層』(ともに講談社、現在は文庫版)がある。

2014年には『背乗り 警視庁公安部外事二課』(講談社)で初の諜報ミステリ―小説に挑戦。2015年『マルトク 特別協力者』を発表(2017年、講談社+α文庫『イリーガル 非公然工作員』に収録)。最新刊『スリーパー 浸透工作員』では、日本に潜伏する北朝鮮工作員と公安警察の激闘を描いた。

[写真]竹内明氏『スリーパー』好評発売中!【またまた重版決定!】公安警察や北朝鮮、米露の元工作員への取材をもとに、著者・竹内明氏が日朝諜報戦の裏側を描くリアル・サスペンス『スリーパー 浸透工作員』大好評発売中! スペシャル動画も見られる特設ページ→→http://gendai.ismedia.jp/list/special/sleeper