作家・ジャーナリスト
小林 雅一
MASAKAZU KOBAYASHI

1963年、群馬県生まれ。 作家・ジャーナリスト、情報セキュリティ大学院大学客員准教授。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院理学系研究科を終了後、雑誌記者などを経てボストン大学に留学、マスコミ論を専攻。ニューヨークで新聞社勤務、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所などで教鞭を執った後、現職。著書に『グローバル・メディア産業の未来図』(光文社新書)、『クラウドからAIへ』『ウェブ進化 最終形』(ともに朝日新書)、『日本企業復活へのHTML5戦略』(光文社)、『AIの衝撃』『ゲノム編集とは何か』(ともに講談社現代新書)などがある。