シカゴ大学公共政策大学院ハリススクール助教授
伊藤 公一朗
KOICHIRO ITO

シカゴ大学公共政策大学院ハリススクール助教授。1982年宮城県生まれ。京都大学経済学部卒、カリフォルニア大学バークレー校博士課程修了(Ph.D.)。スタンフォード大学経済政策研究所研究員、ボストン大学ビジネススクール助教授を経て、2015年より現職。専門は環境エネルギー経済学、産業組織論、応用計量経済学。シカゴ大学では、環境政策・エネルギー政策の実証研究を行う傍ら、データ分析の理論と応用について大学院生向けの講義を行う。講義内容や研究論文は個人ウェブサイトに掲載している。日本語での主な著書に『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』(光文社)、『スマートグリッド・エコノミクス』(有斐閣:依田高典氏、田中誠氏との共著)など。