明治大学教授
瀬木 比呂志
HIROSHI SEGI

1954年、名古屋市生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1979年以降、裁判官として東京地裁、最裁等に勤務、アメリカ留学。並行して研究、執筆や学会報告を行う。2012年、明治大学法科大学院専任教授に転身。民事訴訟法、法社会学の研究者。著書に、『絶望の裁判所』『ニッポンの裁判』(ともに講談社現代新書)、『リベラルアーツの学び方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)等多数の一般書、専門書のほか、関根牧彦の筆名による『映画館の妖精』『対話としての読書』等がある。『ニッポンの裁判』により第2回城山三郎賞を受賞。