ノンフィクション作家
清武 英利

清武英利(きよたけ・ひでとし)
’75年読売新聞社入社。警視庁、国税庁などを担当。’04年より読売巨人軍球団代表。’11年同代表等を解任され、係争に。現在はノンフィクション作家として活動。著書に『しんがり 山一證券 最後の12人』(講談社+α文庫)、『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』(講談社)など