中京大学准教授
川島 大輔
DAISUKE KAWASHIMA

中京大学心理学部准教授。専門は生涯発達心理学、死生学、自殺予防学。1978年、兵庫県生まれ。徳島大学総合科学部卒。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。著書に『生涯発達における死の意味づけと宗教』(2011年、ナカニシヤ出版)、『自死で大切な人を失ったあなたへのナラティヴ・ワークブック』(2014年、新曜社)、共編著に『宗教を心理学する』(2016年、誠信書房)、『はじめての死生心理学』(2016年、新曜社)など。