明治大学准教授
内藤 朝雄
ASAO NAITO

1962年、東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程を経て、現在、明治大学文学部准教授。専門は社会学。初めての著作『いじめの社会理論』(柏書房)でいじめ発生のメカニズムを解明して注目を集め、『<いじめ学>の時代』(柏書房)では、自身の体験、<いじめ学>誕生までの軌跡を含めていじめ問題を論じ、読者の大きな共感を呼んだ。他の著書に『いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか』(講談社)、『いじめと現代社会』(双風舎)、『学校が自由になる日』(宮台真司・藤井誠二氏との共著、雲母書房)、『「ニート」って言うな!』(本田由紀・後藤和智氏との共著、光文社新書)などがある。