小説家
蛭田 亜紗子
ASAKO HIRUTA

1979年北海道生まれ。大妻女子大学文学部日本文学科卒業。広告代理店勤務を経て、2008年第7回「女による女のためのR-18文学大賞」大賞を受賞。2010年、『自縄自縛の私』(受賞作「自縄自縛の二乗」を改題)を刊行しデビュー。同作品は、竹中直人監督で2013年に映画化。2017年、大正期北海道の遊郭と“タコ部屋”を舞台とする大河ロマン小説『』(講談社)を発表した。その他の著書に『星とモノサシ』『人肌ショコラリキュール』『フィッターXの異常な愛情』など。