ノンフィクションライター
魚住 昭
AKIRA UOZUMI

1951年生まれ。一橋大学卒。75年共同通信社入社。検察担当記者時代にリクルート事件で数々のスクープを放つ。96年よりフリーで活躍。2004年、『野中広務 差別と権力(講談社)で講談社ノンフィクション賞受賞。ほかに、『特捜検察 (岩波新書)(岩波新書)、『渡邊恒雄 メディアと権力 (講談社文庫)』(講談社文庫)、『テロルとクーデターの予感 ラスプーチンかく語りき2(朝日新聞出版、佐藤優氏との共著)などの著作がある