坪田知己「メディア転生」

坪田知己「メディア転生」

「新聞は再生できますか」と質問された筆者は必ず、「再生できません」と答える。今の新聞は1998年ごろに収入のピークを迎え、その後は、販売も広告も減少する一方だ。その減少分をさらっていく新たなメディアの創造し、「転生」しなければメディアは生き残ることはできない。デジタルメディアの創世記から日経新聞記者として、その興亡を取材してきた第一人者が、新時代のメディアのかたちをさぐる。
 

最新記事一覧 坪田知己「メディア転生」 最新記事一覧
upperline
underline
アクセスランキング
1時間
24時間