政治を考える

最新記事一覧 最新記事一覧
upperline
nextpage
コラム一覧
舛添レポート
舛添レポート

(ますぞえ・よういち) 東京都知事 /1948年、福岡県北九州市生まれ。東京大学法学部政治学科卒業、東京大学教養学部政治学助教授を経て、舛添政治経済研究所所長。01年に自民党から参議院選出馬、初当選。安倍、福田、麻生政権で厚生労働相を務めたが、10年4月、離党し、「新党改革」を旗揚げした。2014年、同党を離党。同年2月、東京都知事に当選。

>>記事一覧へ
永田町ディープスロート
永田町ディープスロート

永田町の一寸先は闇だ。新聞、テレビでは絶対に知ることのできない政界最深部を取材した週刊現代、FRIDAYなどの特集記事を中心に紹介。

>>記事一覧へ
田原総一朗のニッポン大改革
田原総一朗のニッポン大改革

政権交代はこの国に何をもたらすのか。日本は中国にGDPで抜かれ、そのまま二等国に成り下がってしまうのか。---ジャーナリストの田原総一朗氏が政界、経済界、学会などのキーマンたちに直撃、取材。日本が直面する問題を探り、その解決策への道を模索する。

>>記事一覧へ
蓮舫レポート
蓮舫レポート

(れんほう) 参議院議員(民主党)1967年東京都生まれ。90年青山学院大学卒業。在学中から芸能活動を始め、その後報道キャスターなどを経て04年参議院選挙で初当選(東京都選挙区)。民主党政権下では内閣府特命担当大臣(行政刷新、公務員制度改革、消費者及び食品安全等)などを歴任。現在二期10年目。参議院東日本大震災復興特別委員会委員長。党行財政改革総合調査会総会会長代行。

>>記事一覧へ
毎日フォーラム~毎日新聞社
毎日フォーラム~毎日新聞社

『毎日フォーラム』は毎日新聞社が発行する月刊誌です。 「官と民」「中央と地方」の架け橋となる政策情報誌として、国会議員や中央府省の幹部、全国の都道府県、市区町村の首長と幹部、在京外国使館、大手民間企業の幹部職員らに幅広く読まれています。 毎日フォーラムのサイトはこちら >>  

>>記事一覧へ
古賀茂明「日本再生に挑む」
古賀茂明「日本再生に挑む」

報道されない政治・経済の動き、ニュースの背景説明に加え、フォーラム4の活動報告も交え「日本再生」への取り組みをお伝えします。 メルマガ古賀茂明『改革はするが戦争はしない』フォーラム4 の申込みはこちら 古賀茂明「日本再生に挑む」のFacebookページはこちら  

>>記事一覧へ
馬淵澄夫レポート
馬淵澄夫レポート

(まぶち・すみお) 1960年生まれ。国土交通大臣、内閣総理大臣補佐官(東北太平洋沖地震による災害及び原子力発電所事故対策対応担当)などを歴任。1男5女の6児の父で、自信の両親と妻の母親と同居する11人家族の大黒柱。趣味はボディビルディング、特技は料理。

>>記事一覧へ
塩崎恭久レポート
塩崎恭久レポート

衆議院議員。1950年生まれ。1975年東京大学を卒業し日本銀行に入行。1982年、米ハーバード大学行政学大学院修了。1993年政界に転じ、衆議院議員初当選。2000年に衆議院議員に戻り、東日本大震災以降は、国会に「東京電力福島第一原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)」を設置する事などに尽力した。

>>記事一覧へ
堀義人「100の行動」
堀義人「100の行動」

日本が進むべきビジョンを「100の行動計画」という具体的なカタチとして描き出すプロジェクト。発起人はグロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーの堀義人。国民的政策論議を喚起し、閉塞感を破り、明るく希望に満ちた日本を自分たちの手で作る。それを次世代にしっかり遺す。そのための静かな革命がもう始まっている。 http://100koudou.com/  

>>記事一覧へ
白河桃子「『少子化時代の働き方』を考える」
白河桃子「『少子化時代の働き方』を考える」

「婚活」という言葉の生みの親で、女性のライフプラン、キャリア、男女共同参画、ワークライフバランスなどをテーマに取材を続ける少子化ジャーナリスト・白河桃子さんが、日本の行く末に深刻な影を落とす「少子化問題」について各界の識者と語り合う連続対談シリーズ。

>>記事一覧へ
G1サミット×ニッポン未来会議
G1サミット×ニッポン未来会議

政治・経済・科学・文化など次世代を担うリーダー層が集い、日本再生のヴィジョンを描く場ととして 生まれた「G1サミット」。さまざまな問題に正面から向き合い、より良い未来を作るテレビ番組「ニッポン未来会議」(BSーTBS、第一シーズンは 終了)。この二つを舞台にした徹底的、そして建設的な討論を紹介します。 http://g1summit.com/index.html  

>>記事一覧へ
原田謙介『若者と政治をつなぐ』
原田謙介『若者と政治をつなぐ』

自分の暮らす街に対して主体的に関心を持ち、政治参加をすることが、若者の意見を政治・行政に反映する一歩になる。リアル・ネット問わず、政治・行政・企業などの多様なセクターを巻き込みながら場づくり行う筆者が、"若者と政治をつなぐ"道しるべを示す。  

>>記事一覧へ
森山誉恵「いつか親になるために」
森山誉恵「いつか親になるために」

日本の子どもたちの貧困・虐待・格差是正などに取り組むNPO3keysの代表・森山誉恵氏が、自らも当事者としていつか親になるために知っておきたいことを伝えていく。日本の子どもを取り巻く環境、政府の取り組み、NPOや地域によるサポート制度など、自身の活動を通じて見えた現状や時に有識者へのインタビューによって、日本社会で子どもを産み育てることについて考える。

>>記事一覧へ
「現代ビジネス」政策講談-それ本当ですか?
「現代ビジネス」政策講談-それ本当ですか?

インフレ・ターゲットの導入、TPP交渉への参加表明・・・第2次安倍政権の登場で、果たして「決められない政治」は過去のものとなったのか。話題の政治イシューを徹底討論する「政策講談-それ本当ですか?」。月に1度ニコ生で放送している番組の様子を文字に書き起こしてお届けする。  

>>記事一覧へ
西田亮介「政治の技術」
西田亮介「政治の技術」

立命館大学大学院特別招聘准教授・西田亮介による、政治関係者へのインタビュー企画。いま、政治・政策・選挙を見直すにあたり、参照されるべき「政治の技術」に迫る。

>>記事一覧へ
解散総選挙にひとこと!
解散総選挙にひとこと!

2014年12月14日の解散総選挙を弊誌連載陣をはじめとする識者たちはどう見るのか---。今回の解散総選挙に対するご意見をご寄稿いただきます。

>>記事一覧へ
田原総一朗「戦後レジームの正体」
田原総一朗「戦後レジームの正体」

安倍晋三首相は「戦後レジームからの脱却」を提唱している。70年前、GHQによって作り上げられた日本の制度は、どこに向かおうとしているのか。「戦後」を一貫して見つめ続けてきた著者、畢生の新連載!  

>>記事一覧へ
万年野党の「永田町ウォッチング」
万年野党の「永田町ウォッチング」

国会、政治家の「監視機能」を担う、NPO法人万年野党が、国会議員の質を国会質問量、議員立法提案数などで数値化、レポートします。

>>記事一覧へ
乙武洋匡「二十歳の疑問」
乙武洋匡「二十歳の疑問」

乙武洋匡が学生たちと一緒に、歴史を学び、現状を知り、未来を考える塾を開講!平和、スポーツ、憲法、人権、経済…各分野において、第一線で活躍する人による特別講義から学び、問いを持って議論をする。そもそもの定義って何? 自分たちにどう関わっているの?今さら聞けない、知った気になっている日本の諸問題を二十歳の学生たちの目線でもう一度、学び、問い、考え直す。

>>記事一覧へ
underline
アクセスランキング
1時間
24時間

ゲキbiz田原チャンネル

編集部お薦め記事