牧野洋の「ジャーナリズムは死んだか」

健全な民主主義に欠かせないジャーナリズムが危機を迎えている――。新聞記者として20年以上にわたって日米欧で経験を積んだ国際派ジャーナリスト、牧野洋。ウォーレン・バフェットやピーター・ドラッカーへの直接取材などで知られる。ジャーナリズム教育の最高峰「コロンビア大学ジャーナリズムスクール」を卒業した経験を生かし、アメリカからジャーナリズムの最前線について報告する。

最新記事一覧 牧野洋の「ジャーナリズムは死んだか」 最新記事一覧
upperline
underline
アクセスランキング
1時間
24時間