伊藤 博敏伊藤博敏「ニュースの深層」

2011年03月10日(木) 伊藤 博敏

小沢一郎公判"ねじれ"の原因となった「水谷兄弟」の骨肉の争い 
「渡せと指示したが渡したかはわからない」と証言が揺れ始めた

 小沢一郎元民主党代表の「喉に刺さった小骨」である「小沢公判」の"ねじれ"が、日を追うごとに顕著になっている。

「小沢公判」は二つ。

 ひとつは、石川知裕元秘書らの政治資金規正法違反事件で、もうひとつは強制起訴された自分自身の政治資金規正法違反事件。

 "ねじれ"とは何か。

「何を立証するかが分からない裁判になっています。秘書公判では、水谷建設からの『裏ガネ1億円』の授受について、裁判所は『規正法逃れの動機を示すものだ』という検察側の主張を認め、立証を求めています。

 ところが3月16日に、公判前整理手続きが始まる本人公判では、検察官役弁護士は裏ガネ疑惑を立証しません。石川供述など客観証拠で裁判は戦えるというのですが、立証が難しい、というのが本音でしょう」(全国紙裁判担当記者)

 確かに、同じ罪を問う二つの公判で、「特捜資料」に基づきながら、別の角度から責めるというのは、そうせざるを得ない変化が生じているからだろう。

 ズバリいえば、検察側の最重要証人である水谷功・水谷建設元会長が揺らいでいる。

 特捜部は、大久保隆規秘書を09年3月に逮捕、さらに「小沢逮捕」に駆け上がろうと、当時、脱税事件で三重県の津刑務所に服役していた水谷氏のもとに日参、「小沢事務所に裏ガネ1億円を渡すように指示した」という証言を引き出した。

 09年10月以降、捜査を再開、10年1月の石川逮捕に至ったのは、功氏の「裏ガネ証言」があったからである

「四面楚歌」で孤立する水谷功氏

 ところが、今年に入って「秘書公判」が始まると、「水谷証言」が揺らぎだした。

「5000万円を2回、持って行くように指示したのは事実だが、それが確実に相手のところに渡ったかどうかは、わからんわなぁ」と、あいまいな発言を繰り返すようになった。しかも、検察側ではなく弁護側(小沢秘書サイド)証人となったのである。

 もともと、ぶれる人ではあった。佐藤栄佐久・前福島県知事の汚職事件では、「裏ガネを渡した」と証言、佐藤逮捕の決め手を検察に提供しながら、公判になると否認に転じた。 それにしても、大物政治家を権力の座から引きずり下ろすような証言をしながら、なぜ豹変するのか。

 水谷氏の知人によれば、「四面楚歌で孤立している功氏は、水谷建設社長を務める兄・紀夫氏とも、裏ガネを運んだ川村(尚)元社長とも対立、独自の道を歩かざるを得ない状況だ」という。

「脱税事件で服役の間に、川村氏は距離を置くようになったし、水谷建設は復帰を許さなかった。『会社の為にやってきたことなのに』と、怒り心頭。現在、愛西市の日起建設というところで再起を図っているが、会社も川村も許すつもりはない」

 渡せとはいったが、渡したかどうかは本人じゃないからわからない---。

 石川元秘書に5000万円、大久保秘書に5000万円を手渡ししたのは、当時、社長の川村氏である。「本人じゃないからわからない」のは事実だが、あえてそれを口にするあたりに、両者の深い溝がうかがえる。

 兄・紀夫氏との関係もそうだ。

 昨年9月、水谷氏の知人の女性経営者が、債権譲渡した男性と二人で、水谷建設を相手に「貸金返還請求訴訟」を起こしている。

 訴状では、8年前の03年8月、女性経営者は当時、会長だった水谷氏から頼まれて6000万円を融資したものの、現在に至るまで支払いがないので、元金に利息をつけて返還しろ、と訴えている。

 すでに、裁判は始まっており、水谷建設の借金だという女性経営者の訴えが正しいのか、当時、代表権のない副社長だった功氏の個人的借金だったと反論する会社側の主張が正しいかを論評する気はない。

 興味深いのは、提訴前に水谷氏が「陳述書」を提出、そのなかに「借入に際しては会社経理担当者と協議のうえで行い」、「借用目的は裏ガネ」で、「管理本部長に頼まれたから借り入れた」と、述べていることだ。

 「三行半」を叩きつけてきた会社=紀夫社長に対し、過去の精算を、裁判所を通じて迫っていると見ることもできる。

 水谷建設元会長と、今も表記されているため、一体と見られがちだが、実は、孤立無援、四面楚歌の状態にある。川村氏とも水谷建設ともケンカ状態。そこに小沢氏サイドが巧みに接近しているのだという。

「日起は小さなサブコンだが、功氏はここで食っていかなくてはならない。でも、事件続きで、みんな怖がって、なかなか完全復帰はできない。そこに小沢氏周辺が、『証言などで協力してくれれば悪いようにはしない』と、メッセージを送っているという話もある。弁護側証人を了解したのは、そんな"秋波"に応えているのでないか」(前述の知人)

 日本有数のサブコンのトップとして、ゼネコンの前捌き役として、政界を含む各方面との調整作業を行っていた頃の面影はそこにはない。あるのは、必死の生き残り策に追われ、利用できるものは何でも使おうとする孤独なひとりの経営者の姿である。

 だから弱く、でもしたたかに遊泳、それが傍目には"ゆらぎ"と映る。それは事実だがその背景まで考慮しなければ、「小沢事件」のキーマンの変質は理解できない